daiwa-header.jpg

DAIWA HOUSE  New Wearable Devices Research

Technical research on wearable devices that acquire vital data

zeniusは、大和ハウス工業の依頼を受けて、バイタルデータを取得するウェアラブルデバイスのテクノロジーデューデリジェンスを行いました。現在上市、もしくは上市を予定しているウェアラブルデバイスのバイタルサインの測定(センシング)技術を切り口とし、各ウェアラブルデバイスの有用性や先駆性、将来性に関して分析しました。

各社ウェアラブルデバイスに搭載されているバイオセンシング機能において、何の生体情報を取得することが最も重要であるかを特定し、それぞれの取得プロセスを整理しました。その結果に基づいて技術要求定義を策定し、各社製品をベンチマーキングしていきました。

その後、日常シーンでのデバイス活用に注目し、独自の基軸によって機能だけによらない各製品の傾向を整理、ユーザビリティやアキュラシィ(正確性)軸でのマッピングを通した解析を実施しました。結びとして、日本におけるウェアラブルデバイスの医療機器としての立ち位置を示し、その市場動向を含めた報告を行いました。

Credit

Client : DAIWA HOUSE INDUSTRY Co., Ltd.

Direction : Masaki Fukushima
Research : Masaki Fukushima, Yui Muguruma, Hajime Nemoto

Graphic Design : Hajime Nemoto

Category :
Healthcare

Technology Due Diligence

logo-white.png

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-12-601

T   03 6879 1126 

M   contact@zenius.jp

©2021 zenius Ltd.